プラネタ

歴史

シチリアの新星

シチリア州アグリジェント県、メンフィとサンブーカ・ディ・シチリアのちょうど中間あたりの岬に10世紀頃のアラビア砦の遺跡を持つアランチオ湖がある。この水面に向け、小高い丘の上から水を流し広げたように展開しているぶどう畑が、いまイタリア国内外で注目を集めているシチリアワイン『プラネタ』 の本拠地。

プラネタは1985年よりサンブーカ・ディ・シチリアの畑でブドウ栽培を開始し、1996年に市場進出を果たしたばかりの若いブランドだが、プラネタ家そのものはこの地で300年来ぶどうを作り続けてきた名家である。社長のディエゴ、醸造責任者のアレッシオ、マーケティング担当のフランチェスカもその末裔にあたる。シチリア最大のワイン生産者組合「セッテソリ」の会長を務めていたディエゴが、シチリアと気候条件の似通ったオーストラリアやアメリカのワイン業者の躍進に注目し、シチリアにおけるプレミアワインの生産に向けてプロジェクトを開始したのは1980年のこと。土壌分析などの調査の結果、シャルドネ、インツォリア、メルロー、ネロ・ダーヴォラ、カベルネ・ソーヴィニョン、カタラット、グレカニコなどのぶどう品種を選び、1985年先祖伝来のこの地に植え付けたという。

プラネタがいかに慎重に畑を作ったかということは、ワイン工場の操業が 畑の栽培開始から10年も後だったということからも理解できるだろう。シチリアワインの新しいかたちを創造するというプラネタの試みは、すぐに成果をあげたといっても過言ではない。

1999年にスローフード協会とガンベロ・ロッソが主催するVini d’Italiaで最優秀ワイナリー賞を受賞。トレ・ビッキエーリに「シャルドネ96」が選ばれ、翌2000年には「シャルドネ98」、「サンタ・チェチリア97」が引き続き受賞するという快挙をあげた。その後もプラネタの躍進は留まることを知らず、「メルロー98」は2001年に、「メルロー99」は2002年にトレ・ビッキエーリを獲得。これまでにプラネタ社のワインは23回トレ・ビッキエーリを受賞している。

ある一族によってぶどう畑が数百年も受け継がれると言うことはシチリアでも稀なこと。かくも伝統的なプラネタ家がシチリアワインのまったく新しい方向性を生み出したところに、歴史を重んじて旧弊に陥らないシチリア魂が秘められているといえよう。

このページの先頭へ