トスティ

ワイナリー紹介

トスティ

TOSTI

トスティ社が位置するピエモンテ州は、スイスとフランスの国境に接し、アルプスとアペニン山脈に囲まれています。「山の足」という意味のピエモンテ州はその名の通り、アルプスの南側のふもとに広がる地方です。農業州であると、同時に州都トリノを中心に自動車工業も盛んです。また洗練された土地の料理に合った素晴らしいワインの生産地として有名です。トスティ社はアスティDOCGの中心地カネッリに位置し、ぶどう畑が広がる丘陵に近代的なワイナリーを所有しています。ジョヴァンニ・ボスカと妻のマリア・クリスティーナは1820年に設立されたトスティ社を所有するボスカ家の7代目にあたり、ワイン造りの伝統を守り続けています。創業当時のボスカ家は、自社畑のぶどうのみを使用してワインを造る高い技術を有し、市場を席捲していました。今世紀初頭、工業化につれ輸出を拡大し、モンフェッラートの土地に由来するワインの香り・個性を損なうことなく、大量生産を推し進めるという信念を実現しました。一世紀以上におよぶ経験と投資の継続により現在の地位を確立しています。

このページの先頭へ