チェーチ

ワイナリー紹介

チェーチ

CECI

カンティーナ・チェーチは、1938年に設立者であるオテッロ・チェーチがランブルスコを造っていたパルマ近郊にあるトラットリアで生まれました。そのトラットリアは、パルマ近郊にあるその地方で最高のトリッパが食べられるトラットリアと評判でした。トラットリアが閉店した後に、チェーチ一家は本格的にランブルスコ造りを開始。90年代に発表された「テッレ・ヴェルディアーネ」により、新しく、また、プレステージャスなランブルスコの造り手として注目されています。現在は、オテッロの孫たち、すなわちチェーチ家の3代目がワイナリーを引き継ぎ、情熱を持ってランブルスコ造りをしています。

このページの先頭へ