セレーゴ・アリギェーリ

ブドウ畑

ダンテにちなんだブドウ畑

6世紀に渡り、ヴェローナの地でワインを生産しているセレーゴ・アリギエーリ。現在はマァジ社のグループの一員として、ヴェネトとトスカーナでワイン生産を行っています。
1353年に、ピエトロ(詩人、ダンテ・アリギエーリの息子)が、ヴァルポリチェッラの丘に土地と別荘を購入したことから、このワイナリーの歴史が始まりました。 故に、この地はダンテの子孫の所有地として知られてきたのです。この別荘は、慎重に修復作業を行い、食品庫とワイン貯蔵用の部屋と会議室、住居が作られました。650年以上の月日を経て、現在の当主がトスカーナにも土地を購入し、ダンテの故郷でのワイン造りも実現現在、計190ヘクタール(内110ヘクタールが生産エリア)の土地を所有し、秀逸なワインを生産してます。

このページの先頭へ