JETは「本場イタリアの味」だけでなく、「使いやすいパッケージ」の商品開発にも取り組んでいます。
2007年、業務用加工トマトにアセプティックパッケージを採用以降、小売用紙パック入りトマトやビーンズの商品化を進め、
2011年には、業務用オリーブオイルを全て従来の缶タイプからPETボトルタイプに切り替えました。
「開けやすい」、「持ち運びしやすい」「使いやすい」をコンセプトに、変化する社会のニーズに合わせたパッケージの開発を進めています。
このページの先頭へ