Cultureカルチャー

2020年11月10日

2020年「初搾り」エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル

『初搾り』エキストラ・ヴァージン・オリーブオイルとは?

『初搾り』オリーブオイルをイタリア語で、NOVELLO(ノヴェッロ)と言い「新しい」を意味します。その名の通り、その年に初摘みされたオリーブの実から搾ったオリーブオイルのことを指し、通常より2週間程度早めに収穫されます。オリーブの実はやや小ぶりですが、そこに詰まった味わいとアロマは通常のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルと比べ大変強く感じられます。

すなわち、『初搾り』オリーブオイルとは、搾りたてのオリーブオイルをそのまま瓶詰にした、まさにオリーブオイルの一番搾りジュースであり、その時にしか味わえないイタリアの旬の味覚なのです!

2020年「初搾り」エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル
4つの特徴

1.産地

パレルモ県からシチリア島南部にあるアグリジェント県にかけての地区をマザーラ地区と呼ばれています。そこの地域で栽培された有機オリーブの実だけを使用しています。

2.果実

「初搾り」オリーブオイル用のオリーブの実は、通常の収穫時期より2週間程度早摘みされます。一つ一つ丁寧に手摘みされたオリーブは、24時間以内に低温搾油。その後、通常であれば2か月程度タンクの中でデキャンティングをするところ、「初搾り」オリーブオイルは、搾油から10日間以内に瓶詰されます。そのため、オリーブオイルの本来の風味が閉じ込められています。

3.W認証

D.O.P認証を取得しているイタリア産のオリーブオイルは、全体の約2%と言われております。さらにオーガニック認証(JAS)も取得と、W(ダブル)認証を取得しているものはほんのわずか!SOLLEONE BIOのヴァル・ディ・マザーラは、大変希少性の高いエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルなのです。

※D.O.Pとは、EUが認める原産地名称保護制度で、産地・素材・製法等が全て定められたルールに則って生産されている特産品に対してのみD.O.P認証が与えられます。

4.空輸

オリーブ本来の力強い風味が閉じ込められた「初搾り」オリーブオイルは、鮮度が命なため空輸で日本に輸送されます。そのため、収穫からわずか20日間で日本に到着します。

この時期にしか味わえないイタリアの秋の味覚をぜひお試しください。

製品情報

2020年 『初搾り』オーガニック エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル D.O.P.ヴァル・ディ・マザーラ

品種:
ビアンコリッラ、ノチェラーラ・デル・ベリーチェ、チェラスオーラ

製法:
手摘みしたオリーブの実を12時間以内に低温圧搾後、10日以内にボトリング。

アロマ:
フルーティーでアーモンドの香りが感じられます。

味わい:
口当たりも滑らかで、後味にほのかな甘さが感じられます。

価格

 250ml\1,800 (税抜き)
 500ml\2,900 (税抜き)

「初搾り」オリーブオイルを使用したおすすめレシピ

力強い風味が特徴の「初搾り」オリーブオイルは、かけるオリーブオイルとして使うのがピッタリ。
パンにつけて良し、スープやグリル野菜やお肉などにひと回しかけても良し、醤油や味噌など和食との相性も抜群です。ぜひ、あなた好みの「魔法の1滴」を見つけてみてください。

白身魚のカルパッチョ
白身魚のカルパッチョ
チキンのオイルマリネ焼き
かぼちゃと玉ねぎのスープ
和風ドレッシング
イタリアン冷奴