Cultureカルチャー

2021年2月1日

愛されているイタリアンスイーツ 

ティラミスにまつわる話

ティラミスはイタリア人に最も愛されているスイーツの1つで、イタリアを訪ねる外国人から最も多く注文されているデザートです。

世界中で誰もが認める名声を誇っています。

そして、海外で最もよく知られているイタリア料理の5番目であり、デザートのカテゴリーとしては1位です。

グーグルのデータ調査によると、2018年にイタリア人が最も調べた言葉です。

ティラミスの歴史

 このデザートはヴェネト州トレヴィーゾ市の中心部で生活していた、とある娼婦によって考案されたと、地元では言い伝えられています。
売春宿のオーナーであるこの女性は、甘い“媚薬”ともいえる食べた人をたちまち魅了するティラミスを作り、夜の終わりに顧客に提供しては、彼らを元気づけ、彼らが家で抱える夫婦間の問題を少しでも軽減できるようにと考えたようです。

その宿を訪ねた客人は、家路に着くために階段を降りると、そのオーナー女性がティラミスを用意しており、「これで私はあなたを引き上げます※」と差し出したと言われています。この言葉がまさに、この甘美なデザートの名前の由来になったと伝えられています。

こうして、お客に提供される1800年代の「天然バイアグラ」が誕生しました。トレヴィーゾ市の中心のアンチロット広場にある、かつて宿だった建物は、現在はレストランLe Beccherieとして営業しておりますが、この魅惑のデザートは今でもお客様向けのメニューとして採用され続けています。

高エネルギーな材料を多く使用している、高エネルギーなこのデザートは、誰でも簡単に作ることが出来ます。冷蔵庫のない時代、つまり、電気が一般の家庭でまだ普及していなかった時代に、このデザートの歴史が始まりました。フレッシュな材料を使う為、最初はトレヴィーゾ以外に広まることはなかったそうです。

※イタリア語では Tira(引く)mi(私を)sù(上へ)、つまり「私を引っ張りあげて」という意味です。

出典:Accademia del Tiramisu`


ティラミスも宇宙を征服しました!

ティラミスに関連する逸話の一つ。2013年にイタリアの宇宙飛行士ルカ・パルミターノ氏がESAのロシアの宇宙船ソユーズTMA¬09Mとの軌道滞在中に、特別なリクエストをしたそうです。

名だたるトリノのレストラン、 Combal.ZeroのシェフDavide Scabinは、脱水したティラミスを作り、宇宙まで届けてあげたそうです!

2019年にミラノでは世界最長のティラミスの新記録が樹立され、ギネスブックに登録されました。

長さは、なんと273.5 メートル!

使われた材料の量は、サヴォイヤルディ5万本、マスカルポーネ500 kg、コーヒー300リットル、砂糖65 kg、卵黄60kg、卵白70 kg、ココアパウダー65kgだそうです。