main dish 地中海風ホタテのソテー

地中海風ホタテのソテー

調理時間 20分

夏に向けて実が大きくなり美味しくなるホタテを甘酸っぱいソースで!

ホタテ料理と言うとカルパッチョやバターソテーが定番ですが、今回はプリップリのホタテをバルサミコ酢で合わせてみませんか? バルサミコ酢は火を通すことで酸がとび、まろやかになります。また、パンチェッタの脂と合わさることでコクと深みが増し、暑い日でもさっぱりと美味しくいただけるお料理です。

材料(4人分)

  • ホタテ貝柱 …8個
  • パンチェッタ(またはベーコン)のスライス …50g
  • トマト(身の固いもの) …2個
  • にんにく(みじん切り) …1片
  • ローズマリー(みじん切り) …適量
  • 松の実(みじん切り) …大さじ1
  • イタリアンパセリ(みじん切り) …適量
  • アチェートゥム アチェート・バルサミコ・グリーンラベル …大さじ2~3
  • 塩・白こしょう …各少々

作り方

  • キャセロールにオリーブオイル(分量外)を塗る。トマトは5mmの厚さに切り、キャセロールに並べて塩をふり、200℃のオーブンで30~40分焼く。(フライパンで両面をソテーしてもよい)
  • ホタテはよく洗い、キッチンペーパーで水気をとる。パンチェッタは5mm幅に切る。
  • フライパンにパンチェッタを入れてじっくり炒め、パンチェッタの脂が十分でたらフライパンの端によせる。中央にホタテを入れて1分焼き、ひっくり返す。
  • にんにく、ローズマリー、松の実、イタリアンパセリを加えてさっと炒め、白こしょうをふる。味をみて、足りなければ塩で調味する。
  • ホタテの両面に焼き色がついたら、バルサミコ酢を加え、火から下ろす。
  • ①のトマトの上にホタテを並べ、フライパンに残ったソースをかける。

イタリア家庭料理教室「ラ・タータ」主宰。
翻訳家。
2000年にイタリア・ヴェローナ市から、イタリア⽂化に貢献した⼥性として、ジュリエッタ賞を贈られる。
近著に『ちょとオタクなイタリア料理』光⽂社、『イタリアマンマの粉ものレシピ』講談社。
タレントのパンツェッタ・ジローラモ⽒夫⼈。