Wine & Liquorワインを探す

カンパーニア カンパーニア

カンパーニア州

この20年ほどのカンパーニア・ワインの躍進には目覚ましいものがあり、イタリアで最も活気があるワイン産地の一つである。

古代から常に歴史の中で重要な役割を演じてきた州で、ナポリがネアポリスと呼ばれていたギリシャ植民地時代、皇帝や貴族が別荘を建てる保養地として栄えた古代ローマ時代、東ゴート族、ランゴバルド族の支配を経て、東ローマ帝国の属州となった時代、ノルマン支配下の時代、そしてナポリ王国(フランスのアンジュー家、スペインのアラゴン王家、ブルボン家)の時代、1861年以降のイタリア王国時代、戦後のイタリア共和国時代とずっと重要な州であり続けた。今でも美しい自然、数え切れない文化遺産を求めて多くの観光客が世界中から押し寄せる。

 

西にはティレニア海が広がり、東側には南北にアペニン山脈が走り、その間に丘陵地帯がある。ナポリ沖に浮かぶイスキア島、カプリ島も優れたワイン産地だ。ヴェズヴィオ(今も活動的)やロッカモンフィーナなどいくつか大きな火山があり、火山性土壌がワインに独自の個性を与えている。

海に近い産地は太陽に恵まれ、温暖な地中海性気候だが、アペニン山脈に近い内陸部のイルピニア地方などは大陸性気候で冬には雪も降る。

イルピニア地方で造られる3つのDOCGワインが重要だ。

 

DOCGタウラージTaurasiは厳格な赤ワインで、長期熟成能力が高い。果実味、酸、タンニンが強く、かなり熟成させる必要のあるワインだ。白胡椒のアロマが特徴的。

DOCGフィアーノ・ディ・アヴェッリーノFiano di Avellinoは非常に繊細で優美な白ワインだ。フローラルなアロマが魅力的で、すぐに飲んでも美味しいが、意外に熟成能力が高い。

上品なフィアーノ・ディ・アヴェッリーノと対照的に強い個性を持つのがDOCGグレーコ・ディ・トゥーフォGreco id Tufoだ。凝灰岩土壌(トゥーフォ)でグレーコ品種を使って造られる白ワインで、赤ワインに近い力強さを持つ。蜂蜜のアロマが特徴的で、酸とミネラルが強烈だ。長期熟成能力が高く、熟成により黄金色になっても、フレッシュな味わいと生き生きとした酸を保持する。

同じく内陸部のサンニオ地方(ベネヴェント県)もアリアニコの優れた産地で、DOCGアリアニコ・デル・タブルノAglianico del Taburnoはタウラージに似ているが、より豊潤な果実を感じさせる。サンニオ地方は白ブドウのファランギーナFalanghinaも素晴らしいものができる。

 

北のラツィオ州に近い海岸沿いのDOCファレルノ・デル・マッシコFalerno del Massicoは、古代ローマ時代にファレルヌムとして知られた産地だ。暑く乾燥した地中海気候で、華やかなアロマを持つファランギーナと豊かなアリアニコが造られている。

 

ナポリ湾のDOCカンピ・フレグレイCampi Flegrei、DOCヴェズヴィオVesuvioでは火山性土壌で、ピエディロッソ、シャシノーゾ、アリアニコによる赤ワイン、ファランギーナ、コーダ・ディ・ヴォルペ、ヴェルデーカによる白ワインが造られている。昔は親しみやすい味わいの早飲みワインが多かったが、近年は熟成能力もある味わい深いワインが増えた。DOCヴェズヴィオに含まれるヴェズヴィオ・ラクリマ・クリスティVesuvio Lacryma Christiは「キリストの涙」を意味し、日本で特に根強い人気がある。

 

アマルフィ海岸、ソレント海岸の絶壁の段々畑でも、個性的なワインが造られている。暑い産地であるにもかかわらず、土着品種から生まれるワインはみずみずしい。

 

イスキア島では土着品種ビアンコレッラBiancolellaによるほのかな塩味を感じさせる軽やかな白ワインが造られる。

 

南のチレント地方では、トロピカル・フルーツを感じさせるフィアーノ、完璧に成熟したフルーティーなアリアニコなどが注目に値する。

 

料理は地中海的で、オリーヴオイル、ニンニク、唐辛子を多用し、恵まれた素材を生かしたものが多い。ナポリ近郊のグラニャーノGragnanoのパスタは最高級品だし、ソース用のトマトであるサン・マルツァーノは有名だ。