Wine & Liquorワインを探す

テヌータ・カステルブォーノ

イタリア最高峰のスパークリングワインの造り手として有名なフェッラーリ社のオーナー、ルネッリ家はイタリアの卓越した3つのワインの産地において、フェッラーリで培ったブドウ栽培ノウハウと醸造技術を駆使して高品質なスティルワインの生産も行っています。

トレンティーノ、トスカーナ、ウンブリアに所有する自社畑は全てオーガニックの認証をうけており、その3つの産地はそれぞれ、その土地のワインと土着品種の最高の模範となるような、そしてまたルネッリ家のトレントDOCコレクションと見事に調和する素晴らしい品質のワインを生みだしています。

ウンブリアでは、2つのコミュニティ、モンテファルコとベヴァーニャにまたがる地域に位置している、テヌータ・カステルブォーノを所有。粘土質とシルトが混ざる、夏の干ばつにも耐えうる強靭な土壌から生まれるサグランティーノ種は、ポリフェノール含有量世界一という非常にユニークな土着品種で、世界から熱い視線が注がれている注目のワインの1つです。

 

テヌーテ・ルネッリ社オフィシャルサイト(英語)

ワイナリーを手掛けたのは、イタリアを代表する彫刻家アルナルド・ポモドーロ氏

世界で唯一、人が入れてワインが造れる”彫刻”として、その美しさと共に有名です