Wine & Liquorワインを探す

ヴィッラ・ブッチ

ブッチ家は、マルケ州に約400ヘクタールの土地を所有し、その中にある26ヘクタールのブドウ畑でマルケを代表するワインを生産しています。300年以上、ワイン生産に携わっているブッチ家は広大な所有地でヴェルディッキオとモンテプルチアーノにこだわり、ワイン造りを行ってきました。大学教授でもあったオーナーのブッチ氏は、ブルゴーニュタイプのワインを造ることを目指し、約25年前からワイン造りをスタート。「ワインはセラーで生まれるものではない。ワインは畑から造られるもの。」これがオーナーであるアンペリオ・ブッチ氏の信念です。


そのため、様々な研究、改革にも余念なく、イタリアでは有名な白ワインの名醸造家、故ジョルジョ・グライ氏の応援を得て独自のブレンド技術を確立しました。また、容量やタイプの異なる樽を見事に使いこなし、秀逸なヴェルディッキオとロッソ・ピチェーノを生産しています。

アンペリオ・ブッチ氏は、ヴェルディッキオワインの地位向上に貢献してきました。ヴェルディッキオで10年以上長期熟成が可能なワインを造ることで、“高品質ヴェルディッキオ”の新たな歴史を創りました。その功績が認められ、2019年にはスローフード協会から彼の生涯の偉業を讃える「キャリア賞」を受賞しました。

ブッチ氏は、さらに、自身のワイナリーのみならず、イタリアのワイン生産者全体の発展に貢献すべく2008年7月に誕生した小規模生産者の集合体である“ヴィニャイオーリ・インディペンデンティ(FIVI)”の創立メンバーの一人として活躍しています。

 

ヴィッラ・ブッチ社オフィシャルサイト(英語)