pasta risotto スモークサーモン入りタリオリーニ

スモークサーモン入りタリオリーニ

ウスターソースの代わりにウォッカを使うと
ちょっと贅沢な”お祭り気分”に!

タリオリーニは、タリアテッレよりも少し幅が狭い(2〜3mm)パスタのことですから、この料理は、平たいパスタでしたら何を使っても構いません。

イタリアで使われている鮭の大半は北欧諸国からの輸入によるものなので、これはイタリアの伝統的料理ではありませんが、ここ数年の間に、この料理はイタリア全土に普及しました。

フランスでもイタリアでも、鮭は生で食べる唯一の魚で、薄くスライスし、オリーブオイルと少量のレモン、こしょうをかけて食べます。「最近は、スズキやホタテも同じように生で食べるようになりました。刺身に対する関心が、ヨーロッパでも広がっているのです。

さて、この料理は上等なサーモンでなくても構いません。切り落としでも尻尾の部分でも十分です。もしこの料理にちょっとぜいたくな”お祭り気分”を加えたい場合は、ウスターソースをウォッカに変えるといいでしょう。強火で約1分加熱しアルコールを蒸発させます。ウォッカを使う時は、私はたまねぎを入れません。なぜなら、ウォッカのいい香りを消してしまうから。もし手に入れば、食卓に出す直前に、フレッシュなディル(セリ科のハーブ)をみじん切りにしてパスタの上に散らすとよりよいでしょう。

材料(4人分)

作り方

  • バターを大きめの鍋に溶かし、そこにたまねぎのみじん切りを加えゆっくり炒めます。
  • スモークサーモンを細切りにして1に加え、さらに約2分炒め、ウスターソースまたはウォッカをたらします。
  • 2に生クリームを加えて弱火で5分煮ます。
  • タリオリーニは、塩を入れた熱湯でゆでます。湯を切って3のソースと混ぜ合わせます。

ミシェルアンドレコーヘン
Michele Andree Cohen

第二次世界大戦中の1939年12月、フランスのトゥールで生まれる。終戦後の1946年にトゥールからパリに移り、結婚するまでの15年間パリで暮らす。料理上手な母から、伝統的なフランス料理の他、アルザスの料理や、父親の故郷であるロレーヌ地方の料理を教わる。
バカロレア(大学入学資格)を取得後、PRの専門学校に入学。卒業後、企業PRに関わるレセプションに携わった。
1961年、エジプト出身のイタリア人と結婚。義母もまた料理上手で有名な人で、義母からイタリア料理や中東料理の手ほどきを受ける。その後5年間、商社に勤める夫の仕事の関係で、北アフリカのスーダンの首都ハルッームに住む。ここでシリア人、リベリア人、ギリシャ人、イタリア人など、さまざまな国の友人ができ、その友人たちからそれぞれの母国の料理を教わる。
1966年、イタリア・フィレンツェへ家族とともに移住し、その1年後、夫の赴任で日本へ。1992年に日本を離れるまで、日本でもまた、料理上手なイタリア人の友人たちやさまざまな国の友人と出会い、イタリア料理はもちろんのこと、日本料理、中華料理、インド料理など、幅広い料理の知識を得る機会に恵まれる。
友人たちのすすめで料理教室を開き、10年ほど、自宅で料理教室を主宰。料理をつくりながら語る、歴史やルーツなど、料理にまつわる「物語」が好評で、この経験が、日本を離れて18年たった今、料理本の出版を実現させることにつながった。
また、1980年ごろの日本ではまだほとんど知られていなかったティラミスを、日本に広めるきっかけをつくった功労者のひとりでもある。夫が日本に初めて輸入したフレッシュマスカルポーネチーズの販促活動をサポートするため、食品見本市でフレッシュマスカルポーネチーズを使ったティラミスの試食会を行い、これが評判を呼び、ティラミスが一気に全国的に知られることになる。フランスでレセプションの仕事をしていた経験がここで生きた結果となった。現在はスイス・ジュネーブで夫と2人で暮らしている。結婚し家庭を持った3人の子どもたちは日本、ドイツ、フランスで暮らしているが、年に2回は家族全員が集まる。家族に会い、料理を振る舞うことが何よりの楽しみ。マンマ(mamma)は今、8人の孫のノンナ(nonnaおばあちゃん)でもある。