pasta risotto ほうれん草とリコッタのカンネッローニ

ほうれん草とリコッタのカンネッローニ

調理時間 90分

材料(5人分)

  • ほうれん草 …450g
  • 生パスタ生地 …250g
  • ベシャメルソース …500ml
  • ステリルガルダ リコッタ UHT …300g
  • …2個
  • オリーブオイル …15g
  • 粉チーズ …適量
  • 塩・こしょう …適量
  • バター …適量

作り方

  • 鍋にオリーブオイルを入れ、塩・こしょうを加えてほうれん草がしんなりするまで火にかける。
  • ほうれん草をまな板にあげ、包丁で荒いみじん切りにする。
  • 大きなボウルに、ほうれん草、リコッタ、卵を入れて混ぜ合わせ、塩・こしょうで味を整える。
  • ③の具を冷蔵庫に入れて休ませる。
  • 生パスタを10〜12cmの長方形に切り、塩をして沸騰させたたっぷりの湯で数分間湯通しする。
  • きれいな布の上に➄のパスタを置き、余分な水分を吸収させる。
  • ⑥の生地にスプーン1杯分の④の具を詰め、辺の短い方から巻く。
  • 耐熱容器の底にスプーン2~3杯のベシャメルソースを広げ、⑦のカンネッローニを並べる。
  • 残りのベシャメルソースカンネッローニの上にまんべんなく広げて、さらに粉チーズをかける。
  • アルミホイルで覆い、200℃のオーブンに入れ約20分焼く。
  • アルミホイルを外し、さらに10-15分焼く。
  • 焼き色を付けるためにグリル機能をつけてさらに5分焼いたら完成。

ステリルガルダ・アリメンティ社は、1969年創業のイタリア北部 ロンバルディア州にある大手乳製品メーカー。近年では、賞味期限と美味しさを長持ちさせるテトラパック社の技術を用いて、世界で初めてリコッタチーズのテトラパック化に成功しました。
乳製品業界において、UHT(超高温殺菌)技術においてはヨーロッパでもトップクラスの技術を持っています。

コメントを投稿するには、会員登録・ログインが必要です。