白トリュフ

TUBER MAGNATUM PICO白トリュフ

トリュフの中で最も香りが強く高級な白トリュフ。 秋から冬にかけての約3ヶ月間しか収穫できず、流通量も少ないため、非常に希少価値の高い商品です。

白トリュフの多くはオークやヘーゼルナッツの木の下で生育し、現地ではカットした断面がピンク色をしている物が得に香りが強いと珍重されています。アルバではTiglio(シナノキ)の根に寄生している白トリュフによくみられる現象です。

ピエモンテ州以外では、マルケ州、ウンブリア州、トスカーナ中なども白トリュフの名産とされています。

学名の『TUBER MAGNATUM PICO』とは、1788年にトリノの学者ヴィットリオ・ピコの著書の中でピエモンテ産の白トリュフに「王家のトリュフ」という意味の「 TUBER MAGNATUM 」という学名を付けたところから、この名前になりました。

白トリュフのタヤリン

タリオリーニに似たピエモンテ特有のエッグパスタ。シンプルにバターとパルメザンチーズを和え、白トリュフをかけた一皿

カステルマーニョ・リゾット

ピエモンテでチーズの王様と呼ばれるカステルマーニョのシンプルなリゾットに白トリュフをかけた一皿。

仔牛のタルタル

仔牛のタルタルにトリュフをかけた一皿

目玉焼き

シンプル・イズ・ベスト
相性の良い目玉焼きにトリュフを添えて

商品について

原産国名 イタリア
生産地域 ピエモンテ州
賞味期限 約1週間~10日間
冷温区分 冷蔵

商品コードや ITFコード、パッケージやワインのヴィンテージ等は、変更になる場合があります。ご了承ください。

コメントを投稿するには、会員登録・ログインが必要です。

閲覧履歴