黒トリュフ(ウィンタートリュフ)

TUBER MELANOSPORUM VITT黒トリュフ(ウィンタートリュフ)

別名「黒いダイヤモンド」とよばれ、一般的に白トリュフに次いで質の高いトリュフとされています。1月~2月が最盛期で 最も香りが高くなります。最盛期の黒トリュフの断面は黒色に白のマーブル模様の 美しさが際立ちます。

名産地はイタリアのノルチャやフランスのペリゴールで、主にポプラやヤナギの下で生育します。

黒トリュフは、フランス料理のソースなどによく使われますが、イタリアでも様々な料理に使用されています。

黒トリュフと生ソーセージを使用したノルチャの伝統的なパスタ「ペンノーネ・ノルチーナ」
牛フィレ肉のロッシーニ風

商品について

原産国名 イタリア
賞味期限 約3週間
冷温区分 冷蔵

商品コードや ITFコード、パッケージやワインのヴィンテージ等は、変更になる場合があります。ご了承ください。

コメントを投稿するには、会員登録・ログインが必要です。