Wine & Liquorワインを探す

フェッラーリ

フェッラーリは、北イタリア、トレンティーノ・アルト・アディジェ州トレントにて1902年創業。創業者ジュリオ・フェッラーリはヨーロッパ各地でブドウ栽培を学び、そしてフランスのシャンパーニュ地方に辿りつきました。シャンパーニュ地方と故郷トレントの気候、土壌の類似点に着眼し、とくに伝統的製法であるメトド・クラッシコ製法(シャンパン製法)で、トレントでも高品質なスパークリングワインが造れると確信し、シャンパーニュ地方からシャルドネの苗木と共に帰郷しました。ジュリオ・フェッラーリは、イタリアで最初にメトド・クラッシコ製法に取り組んだパイオニアであり、また、イタリアで初めてシャルドネを栽培した人物として知られています。

創業者ジュリオ・フェッラーリ

 

創業者 ジュリオ・フェッラーリ

 

ジュリオ・フェッラーリが造る高品質なスプマンテは、瞬く間に評判となり、創業からわずか4年で、ミラノ万博で金賞を受賞する程でした。

 

創業からわずか4年後の1906年、ミラノ万博で金賞を受賞したフェッラーリ社のスプマンテ

 

先見性に秀で、イタリア産高級スプマンテの礎を築いたジュリオ・フェッラーリのスプマンテは、1世紀以上の時を経て、グランメゾン・シャンパーニュとも肩を並べる至高の逸品として、世界的に高く評価されています。まさに、ジュリオ・フェッラーリが思い描いた構想が、歴史的にも品質的にも正しかった証明されています。
「イタリア・スプマンテの父」とも言われるジュリオ・フェッラーリ氏は直系の後継者を持たなかったため、多くの候補者の中から、非常に信頼のおける長年の友人であるブルーノ・ルネッリに会社を託しました。現オーナーのルネッリファミリーは、ジュリオ・フェッラーリから継承した偉大なるフェッラーリ・スプマンテを、創業以来変わらず、完璧なバランスと美しい調和のあるスプマンテとして、世界50カ国に輸出しています。

 

現当主ルネッリ・ファミリー3代目

(左からアレッサンドロ氏、マルチェッロ氏、マッテオ氏、カミッラ女史)

 

イタリアの大統領官邸をはじめ、国外のイタリア大使館での公式晩餐会でも必ずサービスされるフェッラーリのスプマンテ。政界のみならず、イタリアンモード界やスポーツ界においても、華やかな舞台や慶事の乾杯を演出する、まさにイタリアを代表する芸術作品の1つとして数えられています。フェッラーリのスプマンテは、食前酒としてはもとより、ガス圧を少し抑えて食中酒として、前菜から最後のメイン料理まで、食事と最後まで寄り添えるように特別な配慮のもと醸造されています。

イタリア最高峰のスパークリングワインの造り手、フェッラーリ。彼らのスプマンテは、イタリア産スパークリングワインで最も多くの賞を受賞しているジュリオ・フェッラーリ・リゼルヴァ・デル・フォンダトーレをはじめ、他の追随を許さないほど圧倒的な受賞歴を誇ります。そしてその素晴らしい品質は、世界の一流シェフや美食家にから称賛を浴びています。
ワイン界の重鎮トム・スティーヴンソン氏設立した、世界的に権威のあるコンクール“シャンパンおよびスパークリングワイン・ワールド・チャンピオンシップ”でフェッラーリは毎年重要な賞を受賞しています。2015年と2017年、そして2019年の3度に渡り、著名シャンパーニュを抑え最優秀賞“スパークリングワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤー”を受賞しました。世界最高のスパークリングワインがシャンパーニュであるという長年の常識を覆したフェッラーリは、世界中から大きな驚きと共に喝采を浴びました。また、アルプスに囲まれた高地・トレントのテロワールを表現するフェッラーリのスプマンテが、かつては絶対的に世界一と思われていたシャンパーニュに匹敵する、または凌駕する存在であることを世界へ見事に示したのです。

 

3度目の世界一に輝いた「2019年シャンパン&スパークリングワイン・ワールド・チャンピオンシップ」授賞式にて

(左からマッテオ氏、主催者のトム・スティーヴンソン氏、カミッラ女史、フェッラーリ社醸造家のルーベン・ラレンティス氏)

 

サステナブルなワイン造りとオーガニック栽培が生み出す高品質

フェッラーリ社の全ての自社畑は全てオーガニックの認証を受けており、全ての畑はトレントの山々の高斜面にあります。日夜の寒暖差が大きいため、ブドウの中に、長期熟成に必要な完璧な酸と、類まれなるアロマが形成されます。
長期熟成を必要とするワインやスプマンテにとって、何よりも重要なのはブドウ自体の品質です。フェッラーリ社では化学合成の除草剤や病害防除剤、化学肥料の使用はせずに、病害予防には銅と硫黄のみ、緑肥の使用で生物多様性を豊かにし、持続可能な農業のため、自然な方法で畑の治癒力を高める処置を行っています。この取り組みにより、土壌が保全され、ブドウの健全さが増し、雨が多い年でもブドウ自体が自己防衛本能を増したことで腐敗菌は発生せず、収量は自然にバランスのあるものとなり、結果ワインの品質の向上をもたらしました。極めて健全なブドウを使用することにより、ワイン中に抗酸化作用が生じ、このことから亜硫酸塩の添加量を劇的に減らすことが可能になりました。現に、フェッラーリ社が使用する亜硫酸塩は、1ℓあたり55mg以下とオーガニックワインの規定よりも大幅に少ないのです(※一般的なワイン160~200 mg/ℓ、オーガニックワイン100~155 mg/ℓ)。近年更に世界的に称賛を浴びるフェッラーリ社の品質の高さは、健康で丁寧な畑づくりと、そこに自然に豊かに暮らすたくさんの生物たちによって支えられているのです。

全てオーガニックの認証を受けているフェッラーリ社の自社畑では、畑の生物多様性と環境の健全さを測るミツバチを育てています

 

フェッラーリ社オフィシャルサイト(英語)

フェッラーリ社CEOマッテオ・ルネッリ氏よりメッセージ