Wine & Liquorワインを探す

ボルゴーニョ

1761年にバルトロメオ・ボルゴーニョにより、ワイナリーが創設されました。ワイナリーは小規模ながら、その品質の高さにより広く知られてきました。1861年のイタリア統一の祝賀会では、イタリア初代国王のヴィットリオ・エマヌエーレ2世やイタリア統一の立役者であったジュゼッペ・ガリバルディなどがボルゴーニョのバローロで祝杯をあげたという記録が残っています。

その後、1920年に”天才”チェーザレ・ボルゴーニョがワイナリーの指揮を執り、海外への輸出、また、生産したワインの半数を20年後に販売するために保管をするという画期的な改革を行い、ボルゴーニョの名前をイタリア国内だけでなく、世界的にも有名にしました。

月日は流れ、2008年にファリネッティ家がボルゴーニョ社のオーナーとなり、2010年からアンドレア・ファリネッティ氏がオーナー兼醸造責任者としてワイナリーの舵取りをしています。

ボルゴーニョ社は、バローロ村の中心にあり、著名な単一畑、カンヌビを始めとし、リステ、フォッサティ、カンヌビ・ロレンツォ、サン・ピエトロ・デッレ・ヴィオレの畑で主にネッビオーロ種を栽培しています。

バローロ村より約20km北東にあるマドンナ・ディ・コモのブリッコ・ボンペ畑では、バルベーラ種、ドルチェット種とリースリング種、そして、リグーリア州、ロンバルディア州、エミリア・ロマーニャ州と州境を接するトルトーナのスカルダプルチェ畑では、ティモラッソ種を栽培しています。

また、すべての畑では有機栽培が行われており、2019年ヴィンテージより、EUの有機栽培認証が取れています。

ボルゴーニョ社では、2010年から発酵槽としてセメントタンクを使用しています。現当主のアンドレア・ファリネッティ氏は、ボルゴーニョ社が伝統的に造っていたワインと変わらぬ味わいを造りあげるために、栽培から醸造まで、最終的には”すべて”を変えていきました。

現代の”若き天才”アンドレアは、ランゲ地方だけではなく、トルトーナ、そして、シチリアのエトナ山にもワイナリーを購入し、ワイン造りを始めています。

ボルゴーニョ社オフィシャルサイト(英語)