Wine & Liquorワインを探す

カステッロ・ディ・モンテポ

ブルネッロの生みの親、フェルッチョ・ビオンディ・サンティを曾祖父に持つヤコポ・ビオンディ・サンティが当主のワイナリーです。

トスカーナ州スカンサーノの郊外にあるエステートには、ブドウ畑、オリーヴ畑、森林、ワインセラー、醸造所、そして、家族の住まいがあります。カステッロ・ディ・モンテポの最初のボトリングは、1994年。

そしてその年は、今現在、ヤコポと共にワイナリーを経営しているヤコポの長男、タンクレディが生まれた年でもあります。今日のビオンディ・サンティ・ファミリーのメインフォーカスは、カステッロ・ディ・モンテポとビオンディ・サンティ社のエクスクルーシブであるサンジョヴェーゼ・グロッソ・クローン(BBS11)の認知を高め、より強化していくことにあります

最先端のワイン醸造、唯一無二のテロワール、そして、名声あるビオンディ・サンティ・ファミリーの名は、トスカーナの高品質ワインブランドとして世界が認める秀逸なワインを語る上では欠かせない要素です。

カステッロ・ディ・モンテポのニッチなワインは、イタリア国内外の一流ホテルや高級レストランで楽しまれています。

トスカーナ州マレンマにある緩やかな丘陵地帯の、標高海抜300~460m、南から南西向きの斜面に、カステッロ・ディ・モンテポの畑はあり、総保有面積600ヘクタールのうち、50ヘクタールがブドウ畑になっています。

カステッロ・ディ・モンテポのエステートには、ビオンディ・サンティ家の資産であるサンジョヴェーゼ・グロッソ BBS11クローンを育てるために必要な標高、土壌、風向き、そして、微小気候などのすべての要素が存在し、これらにより、唯一無二で独特なテロワールが作り出されています。

ブドウ畑とオリーヴ畑は、グロッセートの南に位置する雑木林に囲まれており、この林は湿度や日較差、風力を得るために必要不可欠な要素です。

気候条件に加えて非常に重要となる要素は、土壌の質です。カステッロ・ディ・モンテポの土壌は、始新世期のシストを含む粘土質土壌です。この土壌はビオンディ・サンティ家の独占資産であるサンジョヴェーゼ・グロッソBBS11クローンに最も理想的な土壌だとピサ大学やフィレンツェ大学の専門家たちに評価されています。

ワイナリーのぶどう畑は、フリッシュと堆積岩が層になっている始新世期の土壌と、砂岩、粘土、マールが交互に層になっている土壌の上にあります。これらの要素が集まり、ぎっしり詰まった石灰砂岩の貫入と共に、やせた砂利がちな土壌が作られます。他では見られないこれらのミネラル分が、カステッロ・ディ・モンテポを唯一無二のテロワールとし、ブドウに多大な影響を与えます。

このような地質学や地形性の観点に加え、そこで育つ植物生態系や、微小気候などを総括して、専門家たちはひとつの結論に達しました:

「この土地こそが、ビオンディ・サンティのワインが真に輝く場所」だと。

当主ヤコポ・ビオンディ・サンティは、息子のタンクレディ、クレメンテ、クリオの3人と一緒に、家族の明るい未来のために新たな決心をした活力に満ちた「自身」を表現するワインを造りあげました。

現在は、タンクレディ(写真右端)がヤコポと共にワイン造りを行っています。

 

カステッロ・ディ・モンテポ社オフィシャルサイト(英語)