Wine & Liquorワインを探す

フレスコバルディ

フレスコバルディは、トスカーナの大地の多様性を称賛し洗練された最高品質のワインを造ることに情熱を注ぐ、イタリアを代表する世界的な生産者です。

30代目当主 ランベルト・フレスコバルディ氏

 

フレスコバルディ家の歴史は1000年以上前に遡り、常にトスカーナの歴史と深い繋がりがあります。フィレンツェが最盛期を迎えていた中世の時代に、フレスコバルディ家は英国王室の財務管理を担っており、銀行家として影響力を強めていきました。その後まもなく、ルネッサンスの開花とともにサンタ・トリニタ橋やサント・スピリト大聖堂の建設など重要なプロジェクトや芸術家たちの支援者となります。

 

10世紀

フレスコバルディ家の最も古い記録は10世紀まで遡ります。その後約10世紀に渡り、歴史と伝統を誇るフィレンツェの名家として知られています。

14世紀

イングランド王エドワード1世と後継者のヘンリー8世は、イングランドの王宮にワインを供給するようにと、フレスコバルディ家と契約を結びました。以来、現在に至るまで、フレスコバルディ家は英王室と深い結びつきがあります。

また、詩人ダンテ・アリギエーリとも親交のあったフレスコバルディ家。14世紀初頭、ダンテ・アリギエーリがフィレンツェを追放されたのち、ダンテの家から未完の『神曲』を発見し、ダンテへ届けたのは親友のディーノ・フレスコバルディでした。そしてダンテはかの有名な『神曲』を完成させたのです。

15世紀

F.ブルネッレスキはフレスコバルディ家に委任され、フィレンツェのフレスコバルディ宮殿の隣に、サント・スピリト教会を建設しました。

16世紀

ミケランジェロやドナテッロなどのルネッサンスの偉大な芸術家たちや、ローマ教皇庁のレオ10世もフレスコバルディのワインを購入していました。

17世紀

バロック音楽家でオルガニスト、作曲家のジローラモ・フレスコバルディが活躍。バッハをはじめとする後世の音楽家たちに、音楽史に残る多大なる影響を与えました。

フレスコバルディ家が建設したサンタ・トリニタ橋とサント・スピリト大聖堂を臨むフィレンツェの街並み

 

ワイン造りの歴史は700年以上あり、キアンティ・ルフィナのニポッツァーノ、白ワインの銘醸地ポミーノ、モンタルチーノのカステルジョコンド、モンテスペルトリのカスティリオーニ、キャンティ・クラッシコのペラーノ、マレンマのアンミラーリア、シエチのレモーレ、これらフレスコバルディブランド傘下の7つのエステートに加え、世界的に有名で評価の高いボルゲリのマッセートやオルネッライア、モンタルチーノのルーチェ、更にはゴルゴーナ島の刑務所でのワイン造り。そして中世から続く芸術家の保護(パトロナージュ)やチャリティ活動、それら全てが、イタリアワインの最も古く、最も重要な生産者の一つであるフレスコバルディを構成する要素です。

ニポッツァーノ

西暦1000年代からフィレンツェを守る要塞であったニポッツァーノ城は、フィレンツェの東にある著名なワイン生産地、キアンティ・ルフィナの中心にあり、アルノ川の渓谷を見下ろす山並みの中腹に位置しています。標高400m、涼しく風通しの良い畑、完璧にバランスの取れたミクロクリマのお陰で、様々なブドウ品種が完璧な成長をとげることが出来る理想的な条件を教授しています。1855年には、トスカーナで初めてカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルドーが植えられました。昼夜の寒暖差が大きく、ブドウに豊かな香りとしっかりした酸をもたらします。その結果、エレガントで心地よいタンニン、傑出した酸、ベリーとスパイスの複雑な香りのブーケを持ち、長期熟成が可能なポテンシャルの高いワインが生まれます。

 

ポミーノ

ポミーノ城はフィレンツェの東にあるアペニン山脈にあり、針葉樹林が描く美しい景観に囲まれています。ブドウ畑は、トスカーナで最も高い標高737mに位置し、さわやかで風通しの良いミクロクリマを享受しています。1716年にメディチ家の大公コジモ3世がトスカーナで最も評価の高いワイン産地4つを書き記した文書があり、その内容は、現代のDOC(原産地呼称制度)の原型ともいえるものですが、ポミーノ地区(ニポッツァーノを含む)の名は、キアンティ、カルミニャーノ、ヴァル・ダルノ・ディ・ソープラと共に列記されています。これは、当時からいかにこの地区のワインが高品質なワインを生み出し、経済面で重要であったかを示しています。1855年に、レオーニア女史によってこの地にシャルドネやピノ・ネロのような、当時は一般的でなかったブドウ品種がもたらされました。1878年のパリ万博では、ポミーノのワインは当時の世界最高の評価である金賞を授与されました。非常に上質でエレガントな白ワインの銘醸地として知られています。

 

カステルジョコンド

1800年代にブルネッロ・ディ・モンタルチーノを造り始めた最初の4つの生産者の一つで、200年前から変わらず、テロワールの高い潜在能力、エレガンス、生命力を感じる力強いワインが造られています。モンタルチーノの南西に位置し、サンジョヴェーゼと、ここで造られる偉大なワインにとって理想的なテロワールを享受しています。ブドウ畑は理想的な標高である300~400mにあり、水はけの良い土壌で、日当たりの良い南西向きの斜面にあります。細心の注意を払ってブドウを栽培しており、エレガントなテクスチャーと素晴らしい熟成能力を持った、偉大なブルネッロが生まれています。

 

カスティリオーニ

フレスコバルディ家が最初にワインを造り始めた最初の土地、カスティリオーニは、フィレンツェの南西にある、ヴァル・ディ・ペーザの丘陵地にあります。肥沃で多様な土壌は、岩戸粘土質から構成され、エレガントなサンジョヴェーゼの栽培と同様、力強く生命力に満ちたカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、カベルネ・フランの栽培に理想的な条件を備えています。昼間は温暖で乾燥していて、午後はティレニア海からのそよ風が吹くミクロクリマを享受しています。ここでは、ブドウは他の場所よりも早く、確実に成熟し、凝縮した果実味と滑らかで洗練されたストラクチャーをもつワインが生まれます。

 

アンミラーリア

海から約20km、トスカーナのマレンマ地区の中心に位置するアンミラーリア・エステートのブドウ畑はティレニア海へと続く丘陵地に幾何学的な模様を描いています。この地区では、太陽光と地面から反射する光の量は最高レベルに達し、それを和らげる海からのそよ風と相まって、ブドウの成熟に非常に適した環境となっています。この土地のユニークな特徴を補うため、このエステートには貯水池が設けられており、年間を通じて最も乾燥する時期でも土地が干上がることの無いよう活用されています。地中海と太陽、海風に影響を受けた、フレッシュでミネラル豊か、ふくよかな果実味を持つモダンなトスカーナワインが造られています。

 

レモーレ

ワイン畑に囲まれたレモーレ・エステートは、一家の大切な歴史や貯蔵品が眠る大切な場所であり、歴代のフレスコバルディ家の成長を見守ってきました。レモーレ・エステートのワインは、気軽に楽しめる陽気で社交的なワインです。洋の東西を問わず、様々な料理と相性がよく、家族や友達との時間、ごちそうがたくさんのテーブル、さりげない日常をいつも共にする最高のお供です。トスカーナのライフスタイルを体現する活き活きとしたワインで、心地よいフルーティーな香りが、唯一無二の美しさを誇るトスカーナへと導きます。

フレスコバルディは、各エステートのそれぞれのテロワールを表現し、その土地を代表するワインを、環境を保護しながら大切に丁寧に造り、そしてトスカーナの文化とその各地の多様性を、ワインや、特別なプロジェクトを通じて発信し、世界に伝えていくことを使命としています。

2020年度、ガンベロロッソのワインガイドにて、イタリア約2500を超えるワイナリーの中から頂点に選ばれたフレスコバルディ社。世界で最も有名なイタリアの生産者の一つである彼らが、また一つ、名誉ある賞を受賞しました。

フレスコバルディ社オフィシャルサイト(日本語)